宙ぶらりんの日々

新婚の派遣OL、お金はまだない

SNSで結婚報告をした私が、赤裸々に語ってみる

 

 

こんにちは、神社カレーです。

 

こないだお付き合いしていた彼と藉を入れました。

令和元年5月1日に入れましたw

 

ミーハーだなと思いましたが、いい契機になったのかなと思います。

その時の状況と、SNSの報告について思ったことを並べてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

役所に行ってきた

 

4月30日の夜は彼とテレビを見ていました。

どのテレビ局も令和元年に向けて大盛り上がりでした。まるで年末です。

私はこういう雰囲気が結構好きです。ちなみに平成最後の晩餐は奮発したお肉を食べました(笑)

 

テレビには役所に並ぶカップルたちが映し出されており、「もう並んでるの?!」と驚愕しました。令和元年1日目は並ぶと聞いてましたが、改めて見ると震えました。

 

 

翌日、令和1日目を迎えた私たちは「婚姻届」「戸籍謄本」を持って役所へ行きました。

 

「令和元年」みたいな看板の前で写真を撮りたかったのですが、特になかったため役所の前で写真を撮りました。職員の方もいなかったのでセルフタイマーで撮影(笑)

 

昼頃に行ったのですが、三組ほど並んでました。警備の方に提出して、チェックしてもらって終了でした。これで漏れがなければ無事に籍を入れることができます。ちなみに後ろには3組ほど並んでいました。さすが人気ですね。

 

 

感想としては「こんなもんか」という感じです(笑)

結婚って一大イベントな印象がありましたが、紙に記載して提出してしまえば終了です。わかっていたはずですが、実際に経験すると拍子抜けしてしまいました。

今は結婚式を挙げない人も多いみたいですが、結婚を実感するためにも式を挙げるのは大切なのかなあと思いました。

 

 

SNSで報告

 

二人で撮影した写真、指輪などをSNSに載せました。

知人だけが見れるよう公開範囲は限定しています。そしてSNSを見ると、私たち以外にも結婚報告をしてる人がちらほらいました。さすが令和婚。

仲のいい友人が同じ日に籍を入れていて少し嬉しくなりました。

 

 

ネットなどでは「親友にはSNSより先に報告すべし」と書かれていました。

ただ悲しいかな、私には親友と呼べる人が特にいません…(笑)

友人の中でもとりわけ仲がいい人は数人います。ただその人たちにも事前報告は特にせずにSNSで発信しました。

 

私と仲良くしてくれる友人は、一定の距離を保ってくれる人です。毎月1回は女子会して、近況を赤裸々に話すような友人はいません。そういう人は私が疲れてしまって、距離をとってしまいます。

長く関係を続いている人は皆「年に1回くらいしか会わないけれど、会ったら昔みたいに喋れる人たち」です。

 

私の旦那みたいに「イベントごとに会うグループ」が複数個あって、一年中盛り上がってるみたいなのも憧れはするんですけどね。

実際に憧れて、趣味の人たちと夏の花火や冬の鍋パ、クリスマスパーティなんかもした時もあったのですが、どれも2、3年で関係が切れてしまいました(笑)

 

原因としては、私が「大人数が苦手」なことが挙げられます。この歳になってやっと気づきました。

色んな情報が交錯して、浅く広くみんなと話すことが楽しいと思えないのです。会社の接待など、その場限りの飲み会はまだ楽しいのですが、友人になると気疲れしてしまいます。

5人でも多いですね。4人くらいまでがちょうどいいなと感じます。

 

それに気づいてから生きるのが楽になりました(笑)

 

みんなでワイワイするよりも、こうやってコーヒー飲みながらブログ書いてた方がよっぽど楽しいです。たぶん根暗なんだろうな。

 

 

 

SNSの反応に若干へこむ私

 

結婚報告ということもあり、いつもの投稿よりたくさん反応をいただけました。

 

嬉しかったのは、懐かしい友人や恩師から反応をいただけたことです。

懐かしい!という感情が湧き上がりました。小学生の頃や、高校の恩師、アルバイト先の上司など、いろんな人から反応をもらいました。素直に嬉しかったです。

コメントなどもいただいたのですが「あまり絡んだことないのに!」という人からももらって面白かったです。こういう報告でまた縁ができるのもいいですよね。

 

一方で闇を感じたことは、少し揉めた友人からは一切の反応は来ませんでした(笑)

 

2人ほどいるのですが、全くなかったです。全然構わないのですが、困るのが「○○さんがいいね!しました」と見えてしまうことですね。

ツイートなどはミュートにしてるからいいのですが、そこまではミュートできないみたいですね。共通の友人の令和婚には「いいね!」してるのに、私の投稿には反応しないところは、見ていて気持ちの良いものではないですね。私の投稿をミュートにしてるからかもしれませんが……

 

コスプレしてた時も思ったのですが、二人がミュートし合ったら自動的にフォローが外れる機能が欲しいですね。だけどフォローが外れたら外れたで面倒なことがあるんだろうなぁ…なんとも悩ましい。

 

 

二点目に、これは闇とまで呼べないかもしれませんが、コメントくれる人が余裕のある人ばかりということです(笑)

 

私は20代半ばです。ちょうど結婚適齢期と呼ばれる年齢です。

私の友人も同じくらいの年齢が多いのですが、コメントをくれたほとんどが「とりわけ仲のいいひと」or「既婚者」でした。

前者はわかるんです。驚いたのは、全然絡みがなかった既婚者の友人からコメントがきたことです(笑)

 

ちょうど半年前に結婚した部活の先輩、3年前に結婚していた高校時代の知人…などなど、「なぜ貴方が私のコメントを?」という人がちらほらいました。いや嬉しいんですけどね!疑問が先に来ちゃって!!

あれはなんですかね、結婚した余裕というか、幸せの共有的な感じなんですかね。珍しい人からのコメントが10件くらいあったのですが、みな既婚者だったので笑ってしまいました。

あと「いじられキャラ」の人が多くて、思わずこんな考察までしてしまいました。

www.jinjyaaacurry.work

 

 

 

以上がSNSで結婚報告した経緯と、そこで感じたことでした。

 

SNSの闇については知っていたはずなのに、無知なフリしてオープンに報告した節はあります。趣味が悪いと分かっていても、色々考えるのが面倒でした(笑)

必要以上に気にして、自分の幸せな報告ができない方が私は嫌でした。たとえ私の結婚に、モヤモヤする人がいるならいるで構わない。万人に愛される必要なんてないからね!

 

そういえばSNSで結婚報告することを、独身女性からは「SNSテロ」と呼ばれてるそうです。幸せな出来事をテロ扱い……自虐ネタと分かってはいても、人間の嫉妬深さに苦笑せざる得ない今日この頃です。