宙ぶらりんの日々

新婚の派遣OL、お金はまだない

【コスプレイベント】事件や騒動も?!アコスタについて語ってみる

 

こんにちは、神社カレーです。

 

今回はコスプレイベントについてです。

 

最初から申し上げると、イベントって結構荒れます。

 

私が印象深かったのはアコスタで発砲事件があったことですね。発砲って。

このSNSの時代、悪い噂はあっという間に広まります。正直イベントに悪いイメージを持つ方は少なくないです。

 

 

ただ!私は!!!

 

 

コスプレイベント大好きなんじゃ~~~!!!!

 

 

今回は、私のコスプレイベントへの愛とともに、おすすめのイベントについて語っていきたいと思います。今回はアコスタ編です。

ちなみに都内住みなので、関東圏ばかりです。ご承知ください。

 

 

アコスタ

acosta.jp

 

 

レイヤーだったら多分1度は行くアコスタ

池袋の街をコスプレイヤーが、堂々と歩く姿を見た方も多いのではないでしょうか

場所はサンシャイン近くで行われます。ハロウィンなんかは大規模なイベントをやっており、池ハロと呼ばれています。

初めて行った日を今でも覚えています。見渡す限りの人、そしてみな異色な衣装やウィッグを着けています。池袋へ何度も行ったことあるのに、こんな光景を見るのは初めてでした。あまりの人に圧迫感さえも覚えたほどです。

この中へ入っていくのか…と絶望感に似た感情を抱きました。併せとかで10人くらいの集まりだったら見たことあったけど、こんな広場を埋め尽くすようなレイヤーを見たのは、なんというかショックでした。

 

友人に教えてもらいながら、更衣室へ行って着替えます。

ちなみにチケットは事前購入をしていました。1500円でした。時々売り切れることもあるので、事前に購入しといた方が安心です。また事前購入だと早めに入場できる特典があります。10時くらいが特に並ぶので、並びたくない方はご検討ください。ちなみに私も最初は午前中に行っていたのですが、慣れてからは昼過ぎにのんびり行ってました(やる気がない)

更衣室に入ったら、さらにショッキングな光景が広がっていました。まず物凄い人。そして皆が自前の小さな鏡に向かってメイクをしています。しかもウィッグネットをかぶった姿で。うををを、と変な声が出てしまいました。

一人一人のスペースが狭いので、着替えたりするのはコツがいります。なるべく一つ出したら、一つしまうこと。片付け苦手な人ってこれできないよね分かる!(できない奴)

 

 

 

 

そして荷物を預け、いざ広場へ!

 

池袋のアコスタをざっと説明すると、①階段②広場③公園に分かれます。

 

 

 

 

階段

広場へ行くまでのところを差します。

特に決まりはないのですが、この辺りはバックに人が写りこむことが少ないため、女性レイヤーが多い気がします。人気な方はカメラマンの列ができます。

私は基本アコスタでデータは残らないと思ってるのですが、どうしても欲しい場合は、知り合いのカメラマンさんをつかまえて、このあたりで撮影してました。アコスタ感丸出しにはなりますが、後ろをぼかしてもらえればいい感じになります。

 

広場

私がはじめに見たショッキングな場所がここです。

アイドルもいるし、和装の人もいるし、女子高生もいるし、おっさんもいます。とにかくカオス。

ちゃんと見たことないですが、ステージもあり、レイヤーが踊っていることもあります。最初はショッキングでしたが、みんな楽しそうだし、だんだん自分も興奮していきます。

私は基本ここにいて、フォロワーさんと会ったりしてました。一度「ずっと、尊敬してました…!」と大声で泣かれて、警察を呼ばれそうになったのはいい思い出です。怖かった(正直)

あと可愛い方はここでナンパしたりします。かわいい子と繋がりたい!という欲望をもとに声をかけていました。名刺片手に声をかけていきます。普段はナンパなんて絶対できないのに、コスプレすると簡単にチャラ男になれる不思議。

 

公園

少し離れた場所に公園があり、そこにも行くことができます。

サンシャイン前の大きな道を通っていくので楽しいです。周りからすごい見られるけど。

広場と比べると公園はやや静かです。公式が小道具をかしだして、写真を撮影してたこともありました。

公園へ行く際の、ばくだんたこ焼きが美味しかった思い出。

 

アコスタをざっと紹介するとこんな感じです。

他にも、更衣室近くに撮影するスポットや、飲食スペースなんかもあります。あとはイベント当日限定で、ハコスタというスタジオが500円で利用できるサービスもやっていました。

 

スタジオに比べ安価で利用ができ、イベントという敷居の低さから、若くてコスプレ初心者の人が多いです。どうしても参加する人数が多いため、荒れることが多いのがアコスタです。

ただあの熱気にあふれ、みんながコスプレという同じ趣味を楽しんでいる空間は他にはないと断言します。

 

コスプレというものを肌で感じたい方は、一度だけでもいいので行ってほしいなと思います。

 

 

続きます

 

jinjya-curry.hatenablog.com